Top
*** こっそり公開中***
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Usa's miniature garden****
お酒、スキです。
いろんなもの、スキです。
画像の加工とか
デザインとか
詩や小説作ったり
クリエイティブなこと
スキです。

でも、セロトニン分泌量
通常の半分。

そんなワタシ。

□■外部リンク■□
*うさのヒトリゴト*
以前の日記です。
あぁ。懐かしや。
*小太郎の食いしん坊日記*
うさの、師匠である「あにさん」こと小太郎氏のブログ

*大平庵の親父のブログ*
長野が誇る、絶品そば屋・大平庵さんのブログ
*酒のさとう*
うさお気に入りのシャンパン「ルネ・ジョリィ」”数少ない”販売店の『酒のさとう』さん楽天ショップ♪
*Free Cloud*
駅前家具屋


うさにお手紙
↑ご意見やご感想なんでもOK。
更新の支えにして行きたいので
皆さんの温かいお言葉、お待ち
してます(*^_^*)

↓↓クリックお願いします↓↓
人気ブログランキングへ
カテゴリ
検索
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
よしなしごと 318
from 雑多な豆2
入道雲だぞ!
from 雑多な豆2
実力派チーズケーキ!博覧..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
タイの雑貨を"いつも"の..
from Boochanの宝探し
天国の本屋~恋火
from 1-kakaku.com
お気に入りブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
田口ランディ/コンセント 

コンセント (幻冬舎文庫)

田口 ランディ / 幻冬舎

主人公ユキの兄が死んだ。発見時、無惨にも腐敗した死体。部屋に残された、コンセントに繋がれた掃除機だけが死とは裏腹な印象を残していた。兄の死とコンセント、この2つの事象が、ユキを生の追求へと駆り立てる。

スコア:

時間つぶしにBOOK OFFで100円コーナーにあったから買ってみた。
何故だかわからないけど、この本が新刊コーナーにあった時に
偶然手にとって数ページ立ち読みした記憶がある。

何でこの本に惹かれたんだっけ??
確かその時、何かグロテスクなものや猟奇的なものを読み漁ってた
時期だったからかも知れない。
見出しに『引きこもり』とか『孤独死、腐乱した…』とかいう
言葉が踊っていたから目に留まったのかも。

基本、(実は)エログロ猟奇好きなんだよな(^_^;)
大塚英志(多重人格探偵サイコ MPD PSYCHOの原作者)とかハマってたもん。

レビューは長くもなるし、多少ネタバレなので畳みますw
※携帯とmixiからの場合、畳んだ部分もデフォで表示されちゃうのでご注意くらはい。

*はわわ、久々にランキング20位以下になったわ(笑)ポチっと救ってやって下さい(泣)*
【今日のヒトコト】
ホントは伊坂幸太郎か東野圭吾が読みたかったんだけど…
やっぱ今が旬な作家2人なだけに一冊も無かったス(´・ω・`)ショボーン

↓↓★一日1ポチ♪ご協力お願いします♪あとーんす★↓↓
  人気ブログランキングへ



さて。レビューです。

嫌いじゃないけど。
シャーマニズムだとか、スピリチュアルだとか。
そういうものと精神異常は紙一重だな、と。

はじめは緩い感じで少しベタつく感じの文章だったんだけど
主人公が覚醒するストーリーのクライマックスから特に
グイグイ惹き込まれるスピード感がでてきた。
そして緩やかにデクレッシェンドしていき、最後は余韻を残して消える。

そんな緩急のある作品だと思いました。

ラストは中盤からなんとなーく予想はしてたけど
「まさかそれじゃないだろな」って自分の中で
勝手に除外されていた結末だったので
「あ~…そうきたかぁ…」って感じで。

まぁ、そうくるのが一番スッキリ纏めやすいトコだと思いますがね。

私的意見としては、序盤に出てくる葬儀屋と清掃屋が
キーパーソンになるかと思いきや中盤からその存在すら
消し去られてしまっていたのがなんとなく納得いかず。

で、ラストがラストだっただけに、どーしても昔読んだ
桜井亜美の「セクシャル」を思い出してしまった。
キーワードは、精神異常・世界との融合・宗教色・性。

思い出せば思い出すほど、共通点アリアリじゃん。
ただ、この「コンセント」の方がもっと
何倍も哲学的な事を言ってるし全然レベルは違うけど。

セクシャル (幻冬舎文庫)

桜井 亜美 / 幻冬舎

山奥の廃墟「シティ」で、独自の規則と秩序のもと共同生活を送る子供達。彼らのリーダー・アヤは、誰かを愛したいという欲求を持て余している女の子。ある日、危険な思想に侵されていると疑われた「シティ」の住人は、警察に連行される。そこでアヤは、脱洗脳士・鹿城と恋に落ちる…。愛と性のアンバランスな関係を描く、書き下ろし小説。

スコア:

おっと気付いた。
似てると思ったこの2作品、両方とも幻冬舎から発刊されてる。。。

あ~、やっぱ、ね。。。幻冬舎って好きだね、コレ系。
信者みたいな読者が多いと思う。特にweb上で。

なんかamazonでみたら、関連作品が他に2作あるのね。
新品買いたいとは絶対に思わないけど
また100円コーナーにあったら買ってみようかな。

そんな程度のハマり具合ですw
ブックオフの100円コーナーで、好みにベタピンな作品に出会うまで
買い漁り読み漁りするのも、漫喫に行くより断然有意義だね♪

今度からそーしよ。
[PR]
by usa_mania | 2009-06-12 19:21 | 出会った*meets